ファミチキの油が服についた時の対処法とは?簡単なシミ抜き方法をご紹介!

うんちく

ファミチキを食べていて、うっかり油が服についてしまって困った経験はありませんか?

油は放置するとシミになってしまい、洗濯しても落ちないので困ってしまいますよね。

そこで今回は、ファミチキの油が服についた時の対処法とは?というテーマで、簡単なシミ抜き方法も併せてご紹介していきたいと思います。

ファミチキの油は服につくと落ちない?

それでは早速、ファミチキの油は服につくと落ちない?という点から見ていきましょう。

結論から言うと、ファミチキの油は服につくと落ちにくいと言えるでしょう。

ファミチキは鶏肉に注入されているピックル液によって、特に油の量が多くジューシーに作られています。

そのため、通常の揚げ物よりもファミチキの油はこぼれやすく多量なので、服についてしまうとなかなか落ちにくいのです。

ファミチキの油が服についた時の対処法

では次に、ファミチキの油が服についた時の対処法について解説していきましょう。

ファミチキの油は、服についてすぐの場合は食器用洗剤で洗うのがおすすめです。

対処法は以下の通りになります。

①油のついた服を裏返して、油のついた箇所の裏からきれいな布などを当てる。

②油のついた箇所に、食器用洗剤の原液を数滴垂らす。

③馴染ませるように軽く揉む。

④当てた布に油を移す感じで、歯ブラシで軽く叩いていく。

⑤汚れが浮いたのを確認したら、通常通り洗濯機で洗う。

このような手順で洗うと、ファミチキの油がしっかり落ちてくれます。

ファミチキの油が服について時間が経ってしまった場合

では次に、ファミチキの油が服について時間が経ってしまった場合の対処法です。

油が服について時間が経ってしまった場合は、上記のやり方では落とせませんので、以下の方法をお試しください。

ワイドハイターを使用する

①50℃程度のぬるま湯を、バケツや洗面器などに張る。

②分量を測ったワイドハイターと食器用洗剤を、ぬるま湯の中に入れてよく混ぜてつけ置き液を作る。

③油のついた服を、つけ置き液の中に入れて2時間程度待つ。

④汚れが浮いたのを確認したら、通常通り洗濯機で洗う。

重曹を使用する

①重曹を大さじ1程度と水を少量ずつ混ぜ合わせて重曹ペーストを作る。

②油のついた箇所に、重曹ペーストを均一に擦りつけていく。

③追加でワイドハイターか食器用洗剤を上から少し垂らして、馴染ませるように軽く揉む。

④汚れが浮いたのを確認したら、通常通り洗濯機で洗う。

ファミチキの油が服につかないようにするためには?

最後に、ファミチキの油が服につかないようにするための方法ですが、どれも簡単な方法ばかりですので、ファミチキを食べる際は活用してみてください。

・余分な油を紙ナプキンなどに吸わせてから食べる

・トースターで焼いてから食べる(余分な油が落ちる)

・一口サイズに切り分けてから食べる。

・ハンカチなどを服の上に被せてから食べる。

まとめ

さて今回は、ファミチキの油が服についた時の対処法とは?というテーマで、簡単なシミ抜き方法も併せて解説してみました。

せっかく美味しいファミチキを食べていても、油が服についてしまったらテンションも下がってしまいますよね。

今回は簡単に出来るシミ抜き方法なども併せてご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました