ほうれい線ができる原因と対策って?

キレイ

小鼻の横から口元に伸びるしわ、「ほうれい線」

この2本のラインがあるだけで、見た目年齢は大きく老けて見えます。

ほうれい線は一度できてしまうと消すのはなかなか難しいので、普段のお手入れで予防していくことが肝心です。

その前に、ほうれい線ができる原因を正しく理解し、毎日の生活習慣からできるほうれい線予防法を確認しておきましょう。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因は、間違ったお手入れによる乾燥や顔のむくみ、日常生活の癖による骨格の歪みからほうれい線ができます。

お肌の乾燥によるほうれい線

肌の潤いが不足して乾燥すると肌のハリが失われやすくなり、一時的にたるむことでほうれい線ができます。

若いのにほうれい線ができて老けた顔に見られる10代や20代の肌の乾燥は間違ったお手入れによるものかもしれません。

最近では10代からメイクをする人が多いですが、クレンジングや洗顔も含めて、正しい手入れをしないと肌が乾燥してしまいます。

顔のむくみによるほうれい線

顔のむくみもほうれい線ができる原因の1つです。

顔がむくむと体の巡りが悪くなり、老廃物などが溜まりやすくなります。

その重さによって、若い肌でもほうれい線ができやすくなってしまいます。

むくみになる原因は色々とあり、水分、塩分、アルコールの取りすぎ、猫背やスマホ・パソコンの触りすぎ、生活習慣の悪さなどが挙げられます。

骨格のゆがみによるほうれい線

骨格の歪みもほうれい線を作ります。

骨格が歪むことでバランスが崩れ、左右でほうれい線の深さが変わり、片側だけ目立つほうれい線ができてしまいます。

骨格が歪む原因は、片側ばっかりで噛んだり、頬杖をついたり、同じ側にバックを持つなどが原因としてあります。

ほうれい線対策の方法

ほうれい線をできないようにするための対策として、生活習慣を正しくすることが一番大事です。

定期的に軽い運動をしたり、適切な睡眠をとり、体を冷やさないように温めることです。

肌の保湿をしっかりしましょう。

肌の潤いをキープするには、水分と油分のバランスを考え、よく保湿することです。

骨格の歪みを意識するだけでもほうれい線の予防対策になります。

意識して姿勢を正しくしたり、左右のバランスを意識して体を使ったりします。

毎日のお手入れからほうれい線を予防しようほうれい線の対策はそんなに難しいことではありません。

毎日できることから、ほうれい線対策を行いたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました