idの作り方のコツってあるの?注意点などもご紹介します!

うんちく

idを作る際、覚えやすいけれど、第三者に推測されにくいidを作りたいと思いますよね?

しかし、どのようにして作ったら良いのか分からないという人もいるでしょう。

そこで今回は、idの作り方のコツというテーマで、idを作る際の注意点などもご紹介していきたいと思います。

これからidを作ろうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

idの作り方のコツとは?

それでは早速、idの作り方のコツを解説していきたいと思います。

複雑過ぎないidにする

まず1つ目は、複雑過ぎないidにするという事です。

idを作る時に、覚えやすいものだと心配で複雑なidを作ってしまうケースがあります。

しかし、複雑過ぎるidは忘れてしまった時に思い出すのが大変ですし、LINEなどでid検索をした時に探すのが大変という事が考えられます。

idを作る際は、だいたい10文字前後の設定で作ると、複雑すぎず覚えておくのもそこまで大変ではないでしょう。

セキュリティ面を重要視する

2つ目は、セキュリティ面を重要視するという事です。

idは、インターネット上でのアドレスとも言えるので、セキュリティ面は非常に重要視するべき部分です。

セキュリティ面を考慮したidの作り方のコツとしては、名前や生年月日は入れない方が良いでしょう。

また、他のSNSなどで使用しているidと同じものにするのもNGです。

idが、あまりにも推測しやすいものだと、簡単に乗っ取られてしまう危険性があるので、コツとしてはプライバシーに関連性のある文字は入れないようにすると良いでしょう。

英字と数字を組み合わせて作る

そして3つ目は、英字と数字を組み合わせて作るという事です。

これは、idの作り方のコツとして常識とも言える方法です。

プライバシーに繋がるような言葉はNGですが、自分に関連する事で少しユーモアを加えたidにすると、友達同士でも盛り上がるかもしれませんね。

idの作り方の注意点

では次に、idを作る際の注意点について解説していきましょう。

注意点としては、先ほども触れましたが、第三者が簡単に推測できるような名前や生年月日は入れないという事です。

インターネット上で使用するidの場合、セキュリティ面は第一に重要視しなければならない部分です。

そのため、簡単に自分自身と繋がるようなフルネームや生年月日、他のSNSで使用しているidの使い回しもやめましょう。

しかし、その一方で、セキュリティ面を配慮し過ぎて、あまりにも文字数の多いidにしてしまうと逆に忘れやすいというデメリットが発生します。

idの文字数は、多くが4文字~20文字前後までで設定するようになっているので、英字と数字を組み合わせた10文字前後でidを作るようにしましょう。

idがどうしても思いつかない時のコツ

それでは最後に、idを作る時にどうしても良い言葉が思いつかないという時のコツをご紹介しましょう。

・好きな言葉をローマ字にする(yakeigasuki=夜景が好き)

・好きな芸能人の誕生日を数字として挟む

・単語の母音を繰り返す(soraaaaなど)

このように、名前や生年月日を直接入れなくても、自分自身の好きな事に関係する言葉などを少し加工したようなidなら、第三者に推測されにくいですし、おしゃれなidを作る事が出来ますよ。

また、自分自身が好きなものを取り入れているので、忘れてしまう危険性も低くなります。

まとめ

さて今回は、idの作り方のコツというテーマで、注意点なども併せて解説してみました。

インターネット上で使用するidは、考え始めるとなかなか決められない人も多いでしょう。

セキュリティ面などを配慮したものにしようと思うと、余計決められませんよね。

今回は、簡単に取り入れられるコツをご紹介しましたので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました