更年期のめまいにヨガがいいって本当?アロマやツボ押しで緩和するの?

ヘルシー

更年期に入ると様々な症状が起き、悩みを抱える方も少なくありません。病院でも診察を受けることもできますし、ホルモンバランスを整える漢方やサプリなどを取り入れて症状をケアしていくことも可能です。

そして実はリラックスタイムを演出してくれるアロマもそんな更年期の症状に効果を発揮してくれるのです。今回は特に更年期のめまいに効くアロマについて調べてみました。

更年期にアロマは効果的

更年期は閉経に向けてホルモン分泌量が急激に減少し、ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱ることで様々な症状が起こります。

アロマは脳に直接香りが届き、効果を発揮してストレスを緩和し、自律神経を整えていきます。またアロマに含まれる成分にはホルモンの分泌を促してくれる効果のあるものもあります。

薬やサプリと違い副作用の心配もなく、安心して毎日使用することができるのでぜひ更年期の症状に悩む方は取り入れてみてはいかがでしょうか?

更年期のめまいに効くアロマとは?

1.ゼラニウム

優雅な香りで親しみやすいアロマです。ホルモンバランスの調整をしながら気持ちのバランスを整え精神的な落ち込みを改善していってくれます。さらにデトックス効果もあるのでむくみにも効果的です。

2.ラベンダー

甘いハーブのような香りでこちらも初心者の方でも使いやすいアロマです。ホルモンバランスを整え、自律神経の乱れもケアして更年期のめまいを改善に導いていきます。リラックス効果が高く、ストレスや不眠を解消していきます。

3.レモングラス

レモンのさわやかな香りが特徴的なアロマです。殺菌、消化促進効果とともにめまいや頭痛に効果があります。

また更年期にツボ押しはとっても有効です。外出先でも簡単に刺激することができるツボもあるので覚えて更年期の症状を緩和させていきましょう。

外出先でも気軽に刺激できるツボ

1.合谷

手の甲側にある親指と人差し指の骨の間のくぼみにあり、ツボの中でもとても有名です。肩こり、疲労回復、めまいに効果的です。

2.神門

手のひら側の手首の付け根のシワの部分で、小指側の骨の出っ張りの上の部分のくぼみに位置しています。更年期特有の憂鬱感、不安感、イライラを緩和してくれます。

3.指間穴

人差し指、中指、小指の付け根に位置しているツボで、指をつまむように刺激していきます。イライラを抑える効果や冷え性緩和に効果があります。

ホルモンバランスを整えて更年期症状を緩和してくれるツボ

1.湧泉

足の裏の土踏まず中央よりも少し下に位置しているツボです。ホルモンバランスを整えて更年期の様々な症状を緩和していく効果があります。胡坐をかいてリラックスしながら刺激してもいいですし、温めるだけでも効果的です。

2.三陰交

くるぶし内側から指4本ほど上に位置しているツボです。更年期全般に効果があり、ホルモンバランスを整えていく効果があります。

3.脳下垂体

足の親指のはら中心に位置しています。ホルモンバランスを整えながらイライラを解消してくれる効果があります。力が入らない場合は指圧棒などを使って刺激していきましょう。

次は多くの女性が取り入れているヨガで更年期特有のめまいを緩和する方法について紹介していきます。

更年期にヨガは非常に効果的更年期は閉経に向けてホルモンの分泌量が急激に減少し、ホルモンバランスが崩れることで体や心にさまざまなトラブルが起こります。

めまいも更年期に見られる症状の一つで、外出が困難になったり吐き気を伴う場合もあります。そしてヨガを行うことで自律神経を整える効果があり、さらに自律神経を整えることでホルモンバランスも整えていくことができます。

またヨガを行えば体はリラックスしストレスを解消していくこともできるのでストレスからくる更年期の症状緩和にも効果があるといえます。

めまいに効果的なヨガのポーズとは?

1.呼吸法をマスターする

ヨガを始める際はまず呼吸法をマスターしましょう。ヨガの呼吸はゆったり大きく行うため、きちんと正しい呼吸を行いながらヨガを行うことが大切です。仰向けになりながら膝を立て、おなかに手を添えます。お腹を大きく膨らませながら息を吸い、吸いきったらお腹と胸を凹ませながら息を吐いていきましょう。

2.足上げのポーズ

足を上げることで血行を促進し、老廃物の排出を促していきます。めまいや気分の高まりを抑える効果もあります。仰向けになって両膝を立て、膝と床が90度になるように両膝を天井に伸ばします。ゆっくりと膝をおろしてリラックスしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました