靴下を履いて寝ると目が悪くなる?理由や対策もご紹介!

うんちく

冷え性対策などで、靴下を履いて寝るという人もいるでしょう。

しかし、靴下を履いて寝ると目が悪くなるという情報も耳にする事があり、靴下を履いて寝ている人にとっては、この情報が本当なのか気になりますよね。

そこで今回は、靴下を履いて寝ると目が悪くなる?というテーマで、そう言われる理由や対策について詳しく解説していきたいと思います。

靴下を履いて寝ると目が悪くなるの?

それでは早速、靴下を履いて寝ると目が悪くなるのか?という点について解説していきましょう。

結論から言うと、靴下を履いて寝る事が体に与える影響によって、目が悪くなる要因に繋がると言えます。

本来私たちの体は、寝る時には体温を下げ、入眠しやすい状態へ移行していくのですが、靴下を履いて寝ると足の裏に熱がこもってしまい、放熱が妨害され睡眠の質が下がってしまう可能性があるのです。

睡眠の質が下がると、一日を通して酷使された目の疲れや、神経細胞の修復がスムーズに行われなくなり、結果的に目が悪くなる状況を作り出してしまうというわけなのです。

靴下を履いて寝るメリットもある?

さて、靴下を履いて寝ると目が悪くなると分かっていても、冷え性で靴下を履かないと眠れないという人もいますよね。

実は、靴下を履いて寝ると目が悪くなるとは言われてはいるものの、タイミングをしっかり守ればメリットもあります。

靴下を履かないと眠れないという人は、入眠する直前まで靴下を履いて足を温めるという使い方ならば、効果的に体を入眠状態へ導く事が出来ます。

ある程度、足が温まって眠れそうになったら、靴下を脱いでから寝ると入眠しやすいでしょう。

靴下を履いて寝る時のポイント

それでは最後に、靴下を履いて寝ると目が悪くなるのが心配な人に向けて、靴下を履いて寝る時のポイントをご紹介していきたいと思います。

ここでご紹介するポイントをしっかり押さえれば、目が悪くなる事なく熟睡する事が出来ますよ。

足先まで包み込むレッグウォーマータイプの靴下を選ぶ

まず1つ目は、足先まで包み込むレッグウォーマータイプの靴下を選ぶという事です。

靴下を履いて寝ると目が悪くなると言われる原因である、放熱が出来ず熱がこもる事によって熟睡できないという事を、レッグウォーマータイプの靴下ならば入眠を助けつつ解消してくれます。

レッグウォーマータイプの靴下ならば、足の裏は包まれていないので余分な熱はしっかり放出する事が出来ます。

しっかりと足全体を包み込んでくれるので、寒さは感じず眠りにつく事が出来るのです。

口ゴムがないタイプの靴下を選ぶ

2つ目は、口ゴムがないタイプの靴下を選ぶという事です。

これも、入眠を妨害する締め付けをなくし、しっかりと熟睡できる状態へと導く効果が期待できます。

足首の締め付けは、血行不良を招き熟睡出来なくする可能性がありますが、口ゴムがないタイプの靴下ならばその心配はありません。

まとめ

さて今回は、靴下を履いて寝ると目が悪くなる?というテーマで、理由や対策も併せて解説してみました。

冷え性の人は、靴下を履かないと眠れないというケースが多いと思いますが、靴下の締め付けは目の疲れを取るための熟睡を妨害してしまう可能性があります。

そのため、どうしても靴下を履かないと眠れないという人は、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました