靴下を履いて寝るのは縁起が悪い?理由や体への影響も解説します!

うんちく

冬の寒い時期や冷え性の人などは、靴下を履いて寝る習慣がある人も多いと思います。

しかし、靴下を履いて寝ると縁起が悪いという言い伝えもありますよね。

実際のところ、靴下を履いて寝ると本当に縁起が悪いのか気になります。

そこで今回は、靴下を履いて寝ると縁起が悪い?というテーマで、理由や体への影響も併せて解説していきたいと思います。

靴下を履いて寝ると縁起が悪い?

それでは早速、靴下を履いて寝ると縁起が悪いのか?という部分から解説していきましょう。

結論から言うと、靴下を履いて寝ると「親が早く死んでしまう」という昔からの迷信から派生して縁起が悪いとされているようです。

これは、人が亡くなった時に足袋を履いている様子に似ている事から、生きている人間が靴下を履いて寝ると縁起が悪いと言われるようになったのです。

しかし、現実的に考えると、物理的に靴下を履いて寝ると縁起が悪いとされる理由は特になく、特に冷え性の人にとっては欠かせない必須アイテムでもあると思うので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

靴下を履いて寝ると体への影響は?

では次に、縁起が悪いという迷信ではなく、実際に靴下を履いて寝ると体への影響はどうなのでしょうか?

ここでは、靴下を履いて寝る事による体への影響を解説していきます。

足に汗をかきやすい

まず1つ目は、足に汗をかきやすいという事です。

足に汗をかくと、汗が冷えてさらに体が冷える原因にも繋がりますし、汗をかく事で不快になり安眠を妨害してしまう可能性もあります。

血流が悪くなる可能性がある

2つ目は、血流が悪くなる可能性があるという事です。

靴下を履いて寝ると、常に足を締め付けている状態でいる事になり、血流が悪くなる原因に繋がります。

特に、冷え性対策で5本指の靴下を履いて寝ている場合は要注意です。

末端神経に十分な血流が行かないと、体にとって様々な不調の原因になります。

足からの放熱が出来ない

そして3つ目は、足からの放熱が出来ないという事です。

私たちの体は、常に体温を一定に保つために皮膚の表面でも温度調節をしています。

しかし、靴下を履いて寝ると常に足の皮膚の表面を覆ってしまう事になるので、余分な熱を放熱する事が出来ず体の中に熱がこもってしまう原因に繋がります。

靴下を履いて寝る時のポイントは?

さて、靴下を履いて寝ると縁起が悪いと言われる理由や、体への影響は分かりましたが、それでも靴下を履いて寝たいという人もいるでしょう。

そのような時は、寝る時用の専用の靴下を履いて寝るようにすると良いでしょう。

寝る時用の靴下の素材としては、「シルク」や「遠赤外線加工の靴下」「羽毛靴下」などがおすすめです。

締め付けがなく、適度に保温効果があり、足全体を優しく包み込んでくれるようなものを選ぶと安心です。

まとめ

さて今回は、靴下を履いて寝ると縁起が悪い?というテーマで、理由や体への影響も併せて解説してみました。

靴下を履いて寝ると縁起が悪いというのは、もしかすると昔の人が体への影響も考えて、子どもが言う事を聞くように考えた迷信なのかもしれませんね。

しかし、縁起が悪いという部分はそこまで気にしなくても良いとしても、締め付け感のある靴下を履いて寝ると体への影響が多少ある事は事実です。

冷え性対策で靴下を履いて寝る場合は、締め付け感のない通気性のある靴下を選んで履くようにすると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました