恋人と距離を置く期間でおすすめは?決めてない場合の過ごし方もご紹介!

恋愛

恋人との関係性がマンネリしてくると、距離を置いて冷静になり考えたいと思うカップルもいますよね。

しかし、距離を置く期間を決めていないと、不安になってしまうのも事実です。

そこで今回は、恋人と距離を置く期間でおすすめは?というテーマで、決めてない場合の過ごし方も併せて解説していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

距離を置く期間でおすすめは?

一般的には、まだ付き合いが継続している状態で恋人が距離を置く場合の期間としては、1ヵ月程度が良いとされています。

ただし、マンネリで距離を置くという事ではなく、些細な口喧嘩で何となく距離が出来てしまっている場合は、早めに対処する必要があります。

口喧嘩などの場合は、1週間程度お互いに頭を冷やし、どちらかが歩み寄る姿勢を見せないと、そのまま自然消滅してしまう可能性もあるので注意しましょう。

距離を置く事のメリット

距離を置く大きなメリットとしては、お互いに相手への気持ちを冷静に考えられる事と、改めて必要な存在なのだと確認できるという点でしょう。

特に、長期間付き合っている恋人同士の場合、隣にいる事が当たり前になってしまってお互いへの感謝の気持ちなど忘れがちになります。

そのような時に、一度距離を置く事で自分にとって必要な相手なのだと再確認する事が出来るのです。

距離を置く期間を決めてない場合の過ごし方

では最後に、恋人と距離を置く期間を明確に決めてない場合の過ごし方についてご紹介していきたいと思います。

この時の過ごし方で、その後の関係性が大きく変わる事もあるので、距離を置いている時の過ごし方は非常に重要です。

自分の時間を充実させる

恋人と距離を置いている期間は、今後の事が不安でつい恋人の事ばかりを考えてしまいがちですが、このような時こそ自分自身を磨くための時間として使いましょう。

自分メンテナンスに時間を使ったり、外見だけでなく内面も見つめ直し、さらに魅力的な自分になるための時間を過ごす事で、突然来た再会でも慌てずに向き合う事が出来ます。

距離を置く事になった理由を確認する

恋人と会いながらだと、どうしてもお互いに自分の意見を主張してしまい、距離を置く事になった本当の原因が分かりづらくなります。

そのため、距離を置いていったん1人になった時に、静かな状態で2人の関係性の中にある問題点をじっくり考えてみるのもおすすめです。

今後、どうしたいかを1人で考える

一度距離を置いてみて、気づく事ってあると思います。

自分にとって、恋人としてその相手が本当に良いのか、今後も2人で過ごして行きたいのか、そのような思いが距離を置く事で浮き彫りになる事もあるので、じっくり考えてみるのも良いでしょう。

まとめ

さて今回は、恋人と距離を置く期間でおすすめは?というテーマで、期間を決めてない場合の過ごし方も併せて解説してみました。

距離を置く事は決して悪い事ではなく、2人の関係性を見つめ直す良い機会になります。

今回は、恋人と距離を置いている期間のおすすめの過ごし方もご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました