見た目年齢をアップさせる口元のたるみ!原因と対策方法~

キレイ

口元のたるみは‘老け顔’の大きな原因になり、実年齢よりも老けて見えるばかりか、不機嫌な印象を与えてしまうことがあります。

まだ若いから大丈夫!と思っていませんか?

実は‘たるみ’は20代から始まっているといわれています。

そこで今回は、口元のたるみを予防・改善するための方法をご紹介します。

口元のたるみの原因

口元のたるみは、主に加齢による肌の老化によって肌を支える力が低下することで起こります。

肌を支える力は、「コラーゲンの減少」と「口まわりの筋力の低下」によって失われてしまい、たるみが生じてしまうのです。

コラーゲンの減少年齢をかさねると、肌のハリや弾力を保つ成分「コラーゲン」や「エラスチン」の生産力が低下し、肌がたるみやすくなります。

「エラスチン」は20代後半から、「コラーゲン」は40代を超えると急激に低下するといわれています。

また、紫外線を浴びることによっても低下します。

コラーゲンは本来しなやかで柔軟性があるのですが、劣化すると硬く・もろくなります。すると肌を支える力が低下してしまうので、口元をたるませてしまいます。

口まわりの筋力の低下

顔には、表情をつくる多くの「表情筋」と呼ばれる筋肉があります。

その中でも、口まわりの筋肉である「口輪筋」は、口を開いたり閉じたりなど口の動きに使う筋肉のことです。

「口輪筋」は多くの表情筋とつながっているため、口輪筋が衰えると口元をたるませるだけでなく、顔全体のたるみも引き起こしやすくなります。

口元のたるみの解消法

紫外線対策を行う

肌のハリや弾力を保つ成分「コラーゲン」や「エラスチン」は紫外線を浴びることで減少してしまいます。

ですから、日頃からなるべく紫外線を浴びないように意識することが大切です。

日中に外出するときは帽子や日傘を被る、日焼け止めクリームを塗るといった紫外線対策が必要です。

日常生活の改善

柔らかいものばかりを食べていると口回りの筋肉は衰えて行く一方です。

意識的に硬いものや、ガムを噛むようにして、なるべく口元の筋肉を動かし、口輪筋が衰えないようにしましょう。

また、「しわになると嫌だから」などの理由で、あまり笑わないようにしている方もいますが、逆効果です。

おしゃべりを楽しむ、思いっきり笑うなど、日常生活を存分に楽しむことが口元のたるみを予防し、解消することになります。

無表情でいることをなるべく減らし、意識的に笑顔でいることを心がけましょう。

食生活

お肌に弾力を持たせる食材を積極的に摂取するようにしましょう。

抗酸化作用の強いビタミン類B群や、ゼラチン質のコラーゲンは肌のハリアップに効果的です。

さらに乳製品に多く含まれるカルシウムはコラーゲンの吸収を高めるので併せてとることがおすすめです。

口輪筋エクササイズ

簡単でおすすめなのが「箸をくわえるエクササイズ」です。

箸を横にして前歯でくわえ、唇をぴったりと閉じる上下の唇をつけたまま、唇をできるだけ横に引くそのまま5秒間キープ唇は閉じたまま、口角だけをできるだけ上げて5秒キープこれを1セットとして、5~6回繰り返します。

口元のたるみ予防には、口の周りの筋肉を鍛えることが大切です。

エクササイズはもちろん、意識的に生活を楽しむだけでもイキイキとした表情になります。普段の生活から気を付けるようにして、美しい笑顔を保ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました