オーガニックコスメの選び方で気を付けたいこと。

キレイ

オーガニックコスメには、安全、安心というイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、オーガニックだから安全とは限りません。

オーガニックコスメを選ぶときは、自分の肌質にあったものを慎重に選ぶことが大切です。

オーガニックコスメの選び方のポイントをまとめてみました。

国内ブランドは原材料をチェック

オーガニックコスメや国内ブランド=安全ということではないので気を付けてください。

日本にはオーガニックコスメの基準や認定制度がないため、1%程しかオーガニック成分を配合していない製品や、化学物質が使われている物も一律してオーガニックコスメと呼ぶことができるのです。

もちろん自然派由来や安全性を重視した高品質の製品もあります。

国内ブランドの場合はオーガニックコスメの選び方として以下の点を確認しておくのが鉄則です。

  • 有機栽培した原料から作られている
  • 契約農家や自社農家など生産者が判明している
  • 化学成分を使っていない

オーガニックコスメの選び方

安全なオーガニックコスメの選び方として確認する点はまだあります。それは成分表です。オーガニックコスメだからといって必ずしも天然成分で構成されている訳ではありません。

合成防腐剤や合成界面活性剤・鉱物油・タール色素などの化学成分が使われていることもあるので、成分表は隅々までチェックしておきましょう。

NG成分

パラベンフェノキシエタノール・アルギニン・ジメチコン・パラフィン・ミネラルオイル・ベンジンアルコール・PEG・ラウリン酸・ステアリン酸など。

海外ブランドはオーガニック認証を受けているかチェック

日本と違い海外ではオーガニック認証機関が設けられています。

認証を受けているオーガニックコスメは安全な原料から作られているという証拠です。選び方の目安にしましょう。

オーガニック認証を受けていても注意が必要?

オーガニック認証を受けているから100%安全ということはありません。特例として一部のブランドでは石油由来の成分を防腐剤として少量加えていることがあります。

よく使われている成分は、パラベン・安息香酸・フェノキシエタノールの3種類。

パラベンやフェノキシエタノールは日本人の肌には合わないため、通常の化粧品にさえ使用されにくい成分です。

他にもサリチル酸やソルビン酸・ベンジル酸・蟻酸・プロピオン酸・ベンジルアルコールなどの表示に気を付けておくこと!

ここを覚えておけば海外ブランドの選び方をマスターしたとも言えます。

賢い消費者として慎重に選ぶ

オーガニックだから全ての製品が肌に優しい、安全ということではありません。国内ブランドは原材料と成分表をチェックしておくこと。

海外ブランドならオーガニック認定を受けているか、化学成分が使われていないかを見ておきましょう。安全性を見極めて、慎重に選ぶようにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました