ルルルンパックの効果的な使い方とは?おすすめの理由をご紹介します!

キレイ

お肌のかさつきや乾燥が気になる時、どのようなアイテムでケアしていますか?

色々な化粧品を試しているけれど、イマイチ効果が感じられない…と思っている人は多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するルルルンパックは、そんな肌トラブルに対して効果的にケアしてくれるアイテムです。

LuLuLun(ルルルン)

今回は、ルルルンパックの効果的な使い方というテーマで、おすすめの理由をご紹介していきたいと思います。

ルルルンパックの種類

ルルルンパックは、目的別にいくつか種類が分かれています。

ここでは、種類別の特徴をご紹介していきましょう。

バランスうるおいタイプ「ピンク・ルルルン」

まず1つ目は、テカリと乾燥のどちらも気になるという人に向けた、バランスうるおいタイプのルルルンパックです。

テカリは抑えたいけれど、しっかりと水分は行き渡らせたいという人におすすめです。

もっちり高保湿タイプ「青のルルルン」

2つ目は、とにかく保湿メインでケアしたい人に向けたもっちりうるおいタイプの青のルルルンです。

もっちりと吸い付くようなお肌にしてくれて、乾燥が気になる季節もバッチリです。

2つの「超特化型高保湿マスク」で乾燥知らずのぷるぷる肌になります。

さっぱり透明感タイプ「白のルルルン」

そして3つ目は、ハリとツヤのあるお肌を目指したい人に向けたさっぱり透明感タイプの「白のルルルン」です。

オイリー肌や保湿のベタつきが苦手という人におすすめで、さっぱりとした仕上がりになります。

ルルルンパックの効果的な使い方は?

それでは次に、ルルルンパックの効果的な使い方について解説していきたいと思います。

まずは、しっかりとお肌の表面についた汚れを落とすために洗顔をします。

洗顔をしっかりして、汚れを落としておかないと、ルルルンパックの美容成分をしっかりお肌に浸透させる事が出来ません。

洗顔が終わったら、化粧水などはつけずにそのままルルルンパックをします。

タオルドライしたお肌に、ゆっくり顔全体を覆うようにルルルンパックを乗せましょう。

パックを上手に乗せるコツは、鼻→目の下→目の上→口の順番に密着させていくと簡単です。

ルルルンパックを顔に乗せたら、5~10分そのまま放置します。

潤いを浸透させたくて、ルルルンパックを何分も乗せていると、逆にニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

そのため、正しい使い方として「5分~10分」という時間は守るようにしましょう。

その後、ルルルンパックを外したら、乳液でお肌を整えます。

ルルルンパックの口コミ

では次に、ルルルンパックを実際に使った人の口コミをご紹介していきましょう。

50代女性「ルルルンパックはいつも愛用していて、効果が分かりやすいのが気に入っています!小鼻までしっかり覆うので保湿力抜群です。」

20代女性「ルルルンパックを使い始めて、ニキビが出来にくくなったのが嬉しいです!」

30代女性「くすみが気になって使い始めましたが、シートの質感も厚みも最高でもちっとするのが実感出来ます!」

30代女性「色々なパックを使ってみましたが、これが一番効果が感じられました。」

ルルルンパックはメンズでも使えるの?

では次に、ルルルンパックはメンズでも使えるの?という点について見ていきましょう。

結論から言うと、ルルルンパックはメンズにもぜひおすすめしたいアイテムです。

男性のお肌は、女性よりも皮脂が多く水分が少ないという特徴があります。

皮脂の分泌量は女性の数倍とも言われており、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすい性質なのです。

また、女性のようにメイクをしない人が多いので、紫外線などの外界からの刺激にも常にさらされています。

このような男性のお肌には、ルルルンパックは非常におすすめなのです。

毎日のシェービングで、お肌の角質まで落としてしまっている人は、極厚のルルルンパックをぜひ試してほしいですね。

LuLuLun(ルルルン)

ルルルンパックの使用期限は?

では最後に、ルルルンパックの使用期限について解説していきましょう。

まず、未開封の場合ですと、製造から3年程度は品質が安定しているため使用できるとされています。

そして、開封済みのルルルンパックに関しては、だいたい3ヵ月程度が目安と覚えておきましょう。

まとめ

さて今回は、お肌のトラブルを極厚シートでケアする事が出来る「ルルルンパック」をご紹介してみました。

ルルルンパックの使い方は、毎日の洗顔後の化粧水代わりとして使用できるので、無理なくお肌ケアが出来ます。

保湿成分がたっぷりと配合されているシートで、崩れやすいお肌のバランスを整えていきましょう。

LuLuLun(ルルルン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました