生活道路の抜け道対策とは?安全を守る為の方法をご紹介します!

うんちく

生活道路は、抜け道として使われる事があり交通事故が多い場所とも言われています。

子供が遊んでいるすぐそばを、車が通っている場面を見ると、とても危険だと感じますよね。

そこで今回は、生活道路の抜け道対策というテーマで、安全を守る為の方法をご紹介していきたいと思います。

生活道路が抜け道になっていて、危険な思いをしている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

生活道路とは?

それではまず、そもそも生活道路とはどのような道路を指すのかを解説していきましょう。

生活道路とは、省庁によって定義が異なると言われています。

例えば、警察庁の場合は、「主として地域住民の日常生活に利用される道路で、自動車の通行よりも歩行者・自転車の安全確保が優先されるべき道路」が生活道路と定義されています。

一方内閣府では、「市街地における車道幅員5.5メートル未満の道路」を生活道路と定義されています。

このように、生活道路は省庁によって細かい定義は異なりますが、地域住民のための道路である事に変わりはありません。

道路の幅も非常に狭い事が多く、交通事故が起きやすい箇所とも言えます。

生活道路に速度制限はあるの?

では次に、生活道路に速度制限はあるのか?という点について解説していきたいと思います。

生活道路は、警察庁の交通規則基準によって、最高速度が原則30㎞と定められています。

生活道路は、幹線道路に比べると道幅が狭いという特徴があり、地域住民が安全に生活する事が出来るように守られるべき場所ですので、制限速度も低く設定されています。

生活道路の抜け道対策の方法とは?

それでは最後に、生活道路の抜け道対策の方法についてご紹介していきましょう。

生活道路に柵を設置する

まず1つ目は、生活道路に柵を設置するという事です。

抜け道として、自動車の侵入が頻繁にあり危ないと感じた時は、生活道路に柵を設置する事が可能です。

しかし、実際に柵を設置する際は、警察署、市区町村などに相談する必要があり、設置してもらわなければなりません。

抜け道対策をしたくても、住民が勝手に柵を設置する事はできず、柵の設置を要請する必要があります。

看板を設置する

2つ目は、看板を設置するという事です。

こちらも、地域住民が勝手に看板を設置する事は出来ず、公安委員会や警察署の許可が必要です。

生活道路を抜け道目的で利用する自動車を、看板によって規制したいと思った場合は、まず公安委員会や警察署に相談して協力してもらうようにしましょう。

まとめ

さて今回は、生活道路の抜け道対策というテーマで、安全を守る為の方法をご紹介してみました。

生活道路は、地域住民にとってなくてはならない道路ですよね。

しかし、実際には抜け道として利用する自動車も多いのが現状です。

地域住民しか通れないようにしたいという人も多いと思いますが、道路である以上勝手に車の通行を規制する事は出来ないのです。

しかし、全く対策が出来ないわけではなく、今回ご紹介したように専門機関に相談する事で地域住民の安全を確保する方法はあります。

交通事故が起きてからでは遅いので、危険な場面が多い場合は今回ご紹介した対策を参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました