タンス預金は新札に交換する必要がある?交換方法などもご紹介します!

うんちく

日本では、2024年度(令和6年)に新紙幣の発行が予定されていますが、ご存知でしょうか?

新紙幣が発行されると、心配になるのが旧札の事です。

お金を銀行などに預けないでタンス預金にしている人もいると思いますが、旧札がそのまま使用出来るのか分からない人も多いと思います。

そこで今回は、タンス預金は新札に交換する必要がある?というテーマで、交換方法なども併せてご紹介していきたいと思います。

タンス預金は新札に交換する必要がある?

それでは早速、タンス預金は新札に交換する必要があるのかについて解説していきましょう。

結論から言うと、新札が発行されるからと言って今すぐに交換する必要はありません。

原則として、紙幣には強制通用力が存在するため、どんなに古い紙幣であってもそれが日本銀行券である限り、引き続き額面通り使用する事が出来る仕組みになっています。

しかし、新札の流通が多くなってくると、旧札から新札への交換の際に手間がかかるので、やはり少しずつ新札に交換していく方が後々安心だと言えるでしょう。

タンス預金で交換せずに現在も使える旧札は?

現在でも使用できる旧札は、下記の通りですのでタンス預金で手元にあるという人は参考にしてみてください。

【日本銀行券(紙幣)】

・旧壱円券(大黒天:明治18年発行)

・改造壱円券(武内宿禰:明治22年発行)

・い壱円券(武内宿禰:昭和18年発行)

 

・A壱円券(二宮尊徳:昭和21年発行)

・A五円券(彩文模様:昭和21年発行)

・A拾円券(国会議事堂:昭和21年発行)

・A百円券(聖徳太子:昭和21年発行)

 

・B五拾円券(高橋是清:昭和26年発行)

・B百円券(板垣退助:昭和28年発行)

・B五百円券(岩倉具視:昭和26年発行)

・B千円券(聖徳太子:昭和25年発行)

 

・C五百円券(岩倉具視:昭和44年発行)

・C千円券(伊藤博文:昭和38年発行)

・C五千円券(聖徳太子:昭和32年発行)

・C一万円券(聖徳太子:昭和33年発行)

 

・D千円券(夏目漱石:昭和59年発行)

・D五千円券(新渡戸稲造:昭和59年発行)

・D一万円券(福沢諭吉:昭和59年発行)

タンス預金を新札に交換する方法

それでは最後に、タンス預金を新札に交換する方法をご紹介しましょう。

銀行の窓口で交換する

新札への交換は、ほとんどの銀行で行われています。

利用する銀行の通帳やキャッシュカードを持参して、旧札を窓口に持って行けば新札へ交換してもらえます。

銀行の両替機で交換する

銀行の両替機でも、旧札を新札に交換する事が出来ます。

通帳やキャッシュカード、銀行によっては両替機専用のカードを持参して新札への交換をします。

口座に入金してから引き出す

実は、自分の口座に入金してから引き出しても新札に交換する事が出来ます。

口座への入金は手数料もかからず簡単なので、窓口に行くのが面倒という人には一番おすすめな方法かもしれませんね。

まとめ

さて今回は、タンス預金は新札に交換する必要がある?というテーマで、交換方法も併せて解説してみました。

新札が発行されても、タンス預金の旧札は変わらず使う事が出来ます。

今回は新札への交換方法などもご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました